演目紹介

Onikiri
This is a story where Tsuna Watanabe, known for his valiance as the head of the big four who served Yorimitsu Minamoto of Seiwa Genji Chaku, goes on a hunt for an Oni (an ogre) to the Rajoumon with a noted sword of Genji Jyudai. With it, he battles with the “Onikiri” evil named Ibaraki Douji, where he finally cuts off the evil’s arm, and becomes widely known to the world.

The first session illustrates the scene where the big four repels the band of thieves who came seeking for the noted Genji sword. Then later at a feast, Ttsuna and Yasumasa Fujiwara quarrels over the existance of an Oni (ogre) in the Rajomon. The second session shows Tsuna’s valiance as he goes on an ogre hunt single-handed, and the rough-and-tumble battle scene with the Onikiri and Onitsue (an evil incarnate of an Oni staff). The powerful musical performance and the impact of the fighting scene highlights the climax. *Noted sword of Genji=Originally named the “Hige-kiri” but later renamed as “Onikiri” after Tsuna Watanabe’s story about his slashing the Oni.
It is a sacred sword of Genji Judai ordered to be crafted by Mitsunaka Minamoto (Yorimitsu’s father) and is passed down to Yoritomo Minamoto, the founder of the Kamakura Shogunate, along with it’s sibling sword “Hijimaru”.
Mei Yasutsuna (later named Kunitsuna)
Belongs to Kitano Tenmangu. An important cultural property.




《Solar Eclipse@GRAND HYATT TOKYO》

結婚披露宴にて御用命いただきましたオーダーメイド作品です。華やかな御夫妻の門出を演出するため、インパクトのあるキャラクターとアクション、古武術の型、XMA(エク-ストリーム・マーシャル アーツ)、能をベースとした舞、女性の日本舞踊をベースとした舞による武楽オリジナル作品(2009年)。
二〇〇九年のご結婚を記念して、大きな話題となった皆既日蝕をモチーフとし、失ってはじめてわかる大切なもの、試練を乗り越えてより良くなる夫婦などを表現しております。

作・演出 源光士郎

【立方】
武将 源光士郎
天女 
刀神 神戸 豊
鬼神 白井康貴
華道 横井紅炎(草月流華道家・映画「大奥」花装飾担当)

【囃子方】
琵琶 荒井靖水
二十五絃筝 荒井美帆
(桂座音楽賞受賞。荒井靖水/美帆によるDUOにて「第二回琴によるポップスコンクール」優秀賞「和の響邦楽グループコンテスト」最優秀賞。9月発売の「AERA-」に掲載)
和太鼓 菅原光朗
(2005年・2006年・2007年 東京新聞主催『東京国際和太鼓コンテスト』大太鼓一人打ち部門にて三年連続優秀賞受賞。 )
能管 阿部何某

【幻方】
映像監督 仲本 将
操師 竹脇佳彦

後見 横井紅炎/福田浩平

《Kaleidoscope》

《櫻花》

Copyright(c) 2007 BUGAKUZA. All Rights Reserved.